茨木市で、アミガサハゴロモによく似たハゴロモを見つけた。

20210925-P9253511
ハゴロモの一種
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro + エレクトロニックフラッシュ FL-900R

アミガサハゴロモは鶯色をしているが、このハゴロモは茶色い。

調べてみると、中国方面からやってきたと言われている外来のハゴロモのようだ。

調べると、Pochazia shantungensis、またはRicanula sublimataという学名が出てくる。Wikiによると、この2つは同じ?らしい。

まだ和名がないようで、とりあえずハゴロモの一種と記載する。

20210925-P9253560
ハゴロモの一種
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro + エレクトロニックフラッシュ FL-900R

新鮮な個体。茶色い粉を吹いている。ハゴロモはカメムシの仲間なので、これは蝶などに見られる鱗粉ではない。

ゾウムシにも似たように茶色い粉を吹くカツオブシゾウムシというのがいるので、和名はカツオブシハゴロモとかどうだろうかと思った。笑